『金銀アービ』は金銀レシオ(金銀比価)、つまり金と銀の価格比率を元に行うアービトラージ手法です。


簡単に言うと「金と銀の価格比率ではどちらが割安でどちらが割高か?」を把握し、金が割高で銀が割安の場合は金を売って銀を買い、金が割安で銀が割高の場合は金を買って銀を売ります。

単にどちらが割安か割高かを計算し割安な方を買って割高な方を売るだけですから、『金銀アービ』はチャートに全く依存しない取引手法です。もちろんチャートに張り付く事もありません
しかも今の時点で金銀どちらが割高でどちらが割安かを把握して注文を出すだけなので、24時間365日、証券会社が開いている限りはいつでも好きな時に取引ができます

 

gsa003

はじめましてトレーダー相良と申します。

ssp006

以前公開しました3WトレードはFXの手法としては圧倒的な勝率とパフォーマンスを誇り、おかげさまで大変な反響を頂いております。ありがとうございます。

さて今回はCFDの中でも金と銀にスポットを当てた取引手法『金銀アービ』を紹介させて頂きます。
これは私がメインで行っているFXトレードの傍ら、安定した利益を上げていく為に開発した金銀アービトラージ手法となります。冒頭に書きましたがチャートを見る必要すらなく、金と銀の現在の価格と電卓さえあれば家でも外出先でもいつでも取引ができる優れた取引手法です。

是非『金銀アービ』を習得して頂いて、ご自身の資産形成にお役立て下さい。

 

gsa002

アービトラージは裁定取引もしくはサヤ取りとも言われ、一般的には金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引の事を指す取引手法です。


価格差で考えますと、例えばAという商品が東京では1個100円で売買されていて、大阪では1個200円で売買されているとします。この場合東京でAを100円で買って大阪で200円で売れば1個あたり100円の儲けとなります。また大阪でAを200円で売って東京で100円で買い戻せばこれも1個あたり100円の儲けとなります。
つまり東京で売買されているAは割安ですし、大阪で売買されているAは割高だと言えます。

また同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い割高な方を売ることにより、理論上リスクなしで収益を確定させることができるものであるとされています。

『金銀アービ』ではAという商品の代わりに金と銀を使います。
後で解説する金銀レシオ(金銀比価)を用いて今現在金銀どちらが割安or割高なのかを把握し、いずれか割高な方を売り割安な方を買います。その後は決済ルールに従って利益を確定していきます。

gsa004

はっきり言って非常に単純で簡単な取引手法ですが、過去40年間にも及ぶ金銀レシオのデータに基づいたルールで機械的に売買を行うので安定したリターンを見込めるのです。

 

gsa006
金銀レシオとは金の価格を銀の価格で割った数値の事を指します。
この数値によって示される内容には様々な意味合いがありますが、『金銀アービ』では単純に金銀レシオの数値から、今現在金と銀どちらが割高で割安なのか?を判断していきます。


この割高と割安の判断についてはトレーディングマニュアル内で解説していますが、一定水準と今現在の金銀レシオを見比べて判断するだけなので非常に簡単です。

gold_all_data_silver

『金銀アービ』ではこの金銀レシオについて過去40年分のデータから割高と割安の最適な判断方法を確立しています。

金銀レシオの数値がどうなっていれば金が割高(或いは割安)なのか?
逆に金銀レシオの数値がどうなっていれば銀が割高(或いは割安)なのか?
これを過去40年分のデータで導き出した最適なラインで判断します。

後は金銀いずれか割高だと判断した方に売り注文を出し、割安だと判断した方に買い注文を出していくだけとなります。

 

gsa005
●チャートを見る必要はありません
今現在の金銀それぞれの価格がわかれば電卓で金銀レシオを算出し、その数値に基づいて金と銀の売り買い注文を入れるだけですから、チャートを見る必要は一切ありません。スマートフォン1台だけで完結するトレード手法です。


●張り付く必要もありません
注文を入れた後も張り付く必要はありません。
マニュアルに解説している通りに一定の条件下で利食いを行いますが、ポジションのチェックは日に1回程度でOKです。

●好きなタイミングでポジションを持てます
『金銀アービ』では移動平均線がこうなったら・・・RSIがこうなったら・・・といったテクニカルによる制約は一切ありません。あなたが「そろそろ注文を入れようかな」と思ったタイミング、その時の金銀レシオでどちらを売ってどちらを買うかを判断して発注を行います。従って時間的な制約も全くありませんので、いつでも好きな時に取引ができます。

如何でしょうか?
世の中には様々な投資手法が出回っていますが、インジケーターや時間的な制約があるものが殆どです。
インジケーターを使うのであればメタトレーダーが必須となって取引する証券会社の選択肢がかなり狭まりますし、デイトレードやスキャルピングの殆どはある程度チャートの前に座っている必要があり、これはこれで大きく時間的な制約を食らう事になります。

その点『金銀アービ』はチャートシステムへの依存度はゼロですし時間的制約も皆無です。
慣れてくればものの1分もあれば金銀レシオに基づいて注文を入れる事ができてしまいます。


 

gsa007
「電卓だけでチャートも使わない」「好きな時に注文を入れれる」といったこれまでの話で、普段トレードはたっぷりと時間を取ってチャートと睨めっこしている方にはあまりピンとこないかもしれません。
具体的にどの様に注文から決済まで事が運ぶのか、流れを説明してみたいと思います。


①取引したくなったら金と銀の価格をチェックする
「取引したくなったら」その時が取引の時となります。
『金銀アービ』ではテクニカルの類は一切使っていませんので、売買シグナルの点灯待ちであるとかそういう煩わしさから開放されます。正にあなたが取引したくなった時に、パソコンでもスマホでも金と銀の価格をチェックしてください。

②金銀レシオを計算する
金と銀の価格をチェックしたら金の価格を銀の価格で割ってください。
これがその時点での金銀レシオとなります。

③金銀の割高割安を判断する
この部分はマニュアルに記載していますが先ほど求めた金銀レシオの数値から、金と銀どちらが割高でどちらが割安になっているのかを判断します。

④注文を出す
割高と割安の判断に基づいて、割高な方に成行で売り注文を、割安な方に成行で買い注文を出します。

⑤決済する
この部分もマニュアルに記載していますがルール通りの条件で決済注文を出します。

以上5つのステップで『金銀アービ』の取引は完了します。
特に発注までの①~④までは時間的に言うと1分もかからないぐらいで行えます。

時間的制約は全くありませんので仕事やプライベートで何かと忙しい方にもってこいですし、他のトレード手法を使いながら合間合間に『金銀アービ』を実践する事ももちろん可能です。

 

gsa008
ここではよくある質問をQ&A形式でまとめています。

Q.初心者でも扱える手法ですか?
『金銀アービ』はチャートシステムや小難しいテクニカルの解釈などに全く依存していませんので、投資を始めたばかりの方でもすぐに理解して実践して頂けるシンプルで簡単な取引手法です。

Q.どこの証券会社でも構いませんか?
はい、金と銀のレートがチェックできるのであれば証券会社に制約はありません。

Q.証拠金はいくら必要ですか?
最低10万円から『金銀アービ』を使った取引を行って頂けます。

Q.金銀レシオは簡単に計算できますか?
はい、金割る銀で出た値が金銀レシオとなりますので簡単です。

Q.金銀どちらを売ってどちらを買うかの判断は明確ですか?
はい、金銀レシオの数値が一定水準以上か以下かでの判断となりますので、迷う事は一切ありません。

Q.金銀いずれか片方だけの売買は行いますか?
いいえ、『金銀アービ』はアービトラージ手法ですので必ず金銀両方同時にポジションを持ちます。

以上がQ&Aです。
もしここにある内容であなたの疑問点が解決しなかった場合は、トレーダー相良直通メールアドレス(3wtrade@sagara.biz)まで何なりとご質問ください。

 

gsa009
私トレーダー相良の過去2年間の『金銀アービ』取引成績です。

時期 獲得利回り
2013年
1月 1.8%
2月 6.2%
3月 2.8%
4月 9.8%
5月 2.1%
6月 2.4%
7月 1.5%
8月 17.2%
9月 3.5%
10月 0.9%
11月 1.4%
12月 1.2%

2014年
1月 1.8%
2月 5.3%
3月 1.3%
4月 1.7%
5月 1.7%
6月 7.1%
7月 2.5%
8月 1.4%
9月 1.3%
10月 1.6%
11月 1.7%
12月 1.8%

以上利回りベースで『金銀アービ』の取引成績となります。
ご覧の様に年間ベースでは『金銀アービ』単体でも十分な利益を残せますし、他の手法のリスクヘッジ用としてもその役目を十分に果たしてくれる事と思います。

 

gsa010
『金銀アービ』は以下の商品内容となっています。

●トレーディングマニュアル(PDF30ページ)
●金銀レシオ計算用エクセルファイル(office2010及び2013で動作確認済)
●メールサポート(購入後1年間は無料で回数無制限で利用できます)

販売価格:39,800円(税込)


 payment

 

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことが
ありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。

gsa011
以上『金銀アービ』の内容、如何でしたでしょうか。
過去40年間金銀レシオは変動し続けていますが、金も銀も、割高になったものは必ず一定水準まで戻りますし、割安になったものも必ず一定水準まで戻してきています。
この特性を利用して割高な方を売って割安な方を買う、という取引を行うのが『金銀アービ』です。


今現在の金銀レシオに基づくのでチャートも時間も必要なく、正に手軽に空き時間に出来てしまうのが大きな特徴です。

メタトレーダーに代表されるチャートシステムに表示する沢山のテクニカルやトレードに際しての時間的拘束を否定するつもりは毛頭ありませんが、こんな取引手法がある事も知って頂けるとうれしいです。

電卓でピっと計算して割高な方をショート、割安な方をロングするだけ。
たったこれだけで年間利回りで40%程度を狙えるのですから大したもんだと思います。

実際金銀レシオはヘッジファンドやその他大口機関投資家をはじめ、かなり多くのトレーダーが見ている指標です。
何せ経済の行方を如実に表している一面も持っているのが金銀レシオですから。
この辺興味がある方は是非書籍やネットで勉強してみてください。

だからこそ金銀レシオの割高割安はワークする、とも言えるでしょう。
誰が見ているかわからないテクニカルの類よりも非常に強力です。

是非これを機会に『金銀アービ』を活用して、トレードの幅と収益機会を広げていって頂ける事を期待しております。

2015年
トレーダー相良

 

特定商取引法に基づく表記